ArCS 北極域研究推進プロジェクト

成果発表リスト

成果発表リスト
国際共同研究推進:テーマ7

北極の人間と社会:持続的発展の可能性

平成27年度

論文発表学会発表アウトリーチ、出版物、取材等その他

本一覧は平成28年3月31日現在の情報による

論文発表
査読あり

Minori Takahashi, The Politics of the Right to Self-Determination: Reframing the Debate on Greenland's Autonomy. Eurasia Border Review, 6(1), 25-43, doi: 10.14943/ebr.6.1.25, 2015.

Akiho Shibata, Japan and 100 Years of Antarctic Legal Order: Any Lessons for the Arctic? Yearbook of Polar Law, 7, 1-54, doi: 10.1163/2211-6427_002 , November 2015.

Hiroki Takakura. Limits of pastoral adaptation to permafrost regions caused by climate change among the Sakha people in the middle basin of Lena River. Polar Science30,1-9. April 2016.

Minori Takahashi, Greenland, the Island of Military Bases: Negotiations for Turning the Island into a Missile Defense Stronghold. The Journal of Island Studies, 17(1), 47-65, 2016.

柴田明穂, 北極:国際科学協力推進のための独自の法域,国際協力論集(神戸大学),24(1), 2016年7月(accepted)。

Akiho Shibata and Maiko Raita, An Agreement on Enhancing International Scientific Cooperation in the Arctic: Only for Eight Arctic States and their Scientists? Yearbook of Polar Law, 8 (accepted).

査読なし
特になし
学会発表

高橋美野梨,グリーンランドの近代:「自己決定権をめぐる政治学」を振り返って,2015年11月7日,第4回北極クラブ例会,東京資源会館。

Fujio Ohnishi, Power, Order and Governance: The Conditions for Political Stability in the Arctic, 11 November, 2015, Hokkaido University - Finnish Universities Joint Symposium, Hokkaido University.

大西富士夫,日本の北極国際政治への参画:北極政策にみる現状と課題,2015年11月14日,国際文化表現学会東京研究会,日本大学。

高倉浩樹・加藤博文, 北極域研究推進プロジェクトとシベリア研究, 2015年11月21日,日本シベリア学会第一回研究大会,北海道大学。

Minori Takahashi and Shunwa Honda, Whaling Regulations and Greenland: The Case ofQeqertarsuaq, 2016.1.28, Arctic Frontiers 2016, University of Tromsø, Norway.

日向美郷・田村亨・杉木直,港湾機能及び輸出貨物量の変化による船社の最適行動分析,2016年1月30日,土木学会北海道支部年次技術研究発表会,北海道大学(札幌)。

大西富士夫,北極をめぐる国際情勢,2016年2月2日,エンジニアリング協会第3回氷海技術研究講演会,エンジニアリング協会,虎ノ門。

高橋美野梨,捕鯨の国際政治学:北極域グリーンランド島における先住民生存捕鯨と国際捕鯨委員会,2016年2月15日,鹿児島大学国際島嶼教育研究センター第166回研究会,鹿児島大学.

Fujio Ohnishi, Why Arctic Security Matters: An Introductory Comment, 27 February 2016, International Seminar on Current Change from Cooperation into Confrontation? Security Environment in the Arctic Region, Slavic-Eurasian Research Center, Hokkaido University.

Fujio Ohnishi, The Arctic Region: Possibilities for Increased Security, Environmental and Economic Cooperation in a U.S.-Japan-Russia, 10 March 2016, Trilateral Conference organized by the National Committee on American Foreign Policy (NCAFP), New York.

Shiro Tatsuzawa, Community-based Adaptive Wildlife Management in Sakha Republic, Russia, under the Global Warming Condition [poster presentation], 15-18 March 2016, Arctic Observing Summit, ASSW2016, Fairbanks, USA.

Minori Takahashi, The Varieties of Political Thinking in Greenland: Analyzing Climate Change from the Viewpoint of Social Sciences, 2016.3.23, International workshop onArCS project "Ice-ocean interaction in Greenland" / Co-organized by ILTS: Institute of Low Temperature Science workshop on "Greenland ice sheet mass loss and its impact on global climate change", Hokkaido University, Japan.

アウトリーチ、出版物、取材等

Fujio Ohnishi, Japan's Arctic Policy Development: From Engagement to a Strategy, inAsian Countries and the Arctic Future, edited by Leiv Lunde, Jian Yang, Iselin Stensdal,New Jersey: World Scientific Publishing, 171-182, Oct. 2015.

Fujio Ohnishi, Does the Sun also Rise in the Arctic? Three Pillars of Japan's Arctic Policy, in Arctic Yearbook edited by Lassi Heininen, Heather Exner-Pirot, Joël Plouffe, Akureyri: Northern Research Forum, 410-411, Oct. 2015.

田村亨,北極海航路活用による欧州と北海道間の国際市場戦略,北海道経済同友会講演会,2015年10月19日。

高倉浩樹・千葉義人編,シベリアからの声:民俗写真展示プロジェクト記録と調査地からのメッセージ,「東北大学東北アジア研究センター報告」18号,全59頁,2015年(ISBN9784908203015)。

高橋美野梨,クジラへの視線(連載・北の献立/第7回グリーンランドの献立),「アークティック・サークル」97号,北海道:北方文化振興協会,12-13.2015年12月刊行。

高倉浩樹,シベリア・北極研究と二つのコンソーシアム,「地域研究コンソーシアムニュースレター」20号,7-8,2016年3月。

小澤実・中丸禎子・高橋美野梨編著,アイスランド・グリーンランド・北極を知るための65章(エリアスタディーズ・シリーズ140),東京:明石書店,全456頁,2016年3月刊行。

その他
特になし